japan casino group

LexxPay

545 views
約5分
LexxPay

みなさんは、スティックカードの存在を覚えているだろうか?
そう、銀行のATMから出金できるあのカードです。
しかし、今や コロナで発行の予定もなく再発行も決まっていない状態です。
つまり

ハイローラーにとって、使いやすいカードをGETすることは急務と言えます。

そこで、今回お勧めしたいと思っているのが

LexxPay です。それでは詳細をはなしていきます

LexxPayの登録はここから

LexxPayとは


LexxPayとはラオスに拠点を置くLEXX.Co,LTDが運営するウォレットPAYMENTサービスです。LexxPayとJDB銀行の口座を紐づけすることにより、
ビットコイン⇔USD間の振替をはじめ、銀行口座の残高確認、VISAデビットカードへのチャージ、定期預金のお申し込みなど様々な事が可能となります。

ーVISAデビットカードにビットコインで入金(チャージ)可能ー
LexxPayを利用することで、ビットコインをLexxPayのウォレットに入金し、口座開設時に貰えるVISAデビットカードにチャージすることができます。このVISAデビットカードを利用して、世界中のVISA対応の店舗でのショッピングやATMで法定通貨としての出金が可能です

つまりビットコインでカードに入金するとATM出金できますよっていう話です!!

LexxPayの登録はここから

JDB銀行とは?

JDB銀行はラオス国内銀行の最大手で、ラオスで唯一オンラインバンキング、iOS、Android対応アプリの提供を行うなど、国内のインターナショナルバンクとしてラオスの金融機関を牽引している銀行です。
JDB銀行と提携した世界初のウォレットPayment システム「LexxPay」
から口座開設を申し込むと、ウォレットサービス、JDB銀行口座開設、VISAデビットカードの申し込みまでワンストップで完結します。

口座開設費は?

口座開設費用は500USD+口座デポジット費用の300USD=$800
で行うことができ、ドル建て定期預金の年利は最大9.5%
と日本の銀行と比べると好条件で資産形成を行えます。

費用が$500もかかりますが、見返りが十分あります

ーJDB銀行口座開設のメリットー

  • 日本国内外のVISA提携店舗にて利用可能なデビットカードの発行
  • 仮想通貨によるチャージ(入金)対応
  • VISAデビットカードで世界各地のATMでの現金の出金が可能
  • 高利率の定期預金が可能
  • 外貨による資産形成が可能
  • 高利率の配当(年利%)を得られる
  • 外貨建ての資産を保有する
  • 日本国内にいながら口座開設可能

そしてなんと!
CRS非加盟国なんです!

CRSとはCommon Reporting Standardの略で、このCRSに加盟している国の銀行口座は、各国の国税庁が相互に閲覧をすることができることになっています。つまり租税回避などの不正が国を跨いで起こることがないようにするための仕組みです。

つまり。。。。
日本側がラオス銀行の個人口座開示を求められても、拒否できる。自分の資産がいくらあるとか日本側にはばれない・・・

もちろん、そのためのデメリットももあります。民間なので、信頼度が落ちてしまうからです。なのであまり資産を入れておくのはよくないかもしれませんね

LexxPayの登録はここから

口座の開設方法

HPでの作業

しばらくしたら、記入したメールアドレスに登録承認するメールが届きます

黒塗りをした部分に、コードが書いてあるのでこれをコピーしてログインします

ここまで記載すると

BTC入金で、$800(開設費とデポジット分を入金することになります)

その後下記のメールが来ます

メールでの作業

LexxPayにてKYC認証完了から数週間でVISAデビットカード・通帳・暗証番号が同封したのが届きます。
かっこいいですね!
更新期限は4年になっております

聞かれる内容は、パスポートのサインと名前などの本人確認になります。

もしメールに気づかなかった場合またメールが来ます。

このアクティベート作業が1週間くらいたつとATMから出金できるようになります

各種手数料

銀行名出金合否
セブンATM
ローソンATM
イオンATM×

1万円まで 110円の手数料

●2万円以上は 220円の手数料

安すぎじゃありません?

ショッピング手数料

●5%ほど

両替手数料

  1. BTCからUSDへ(0.0001BTC以上)※手数料3%
  2. USDからBTCへ(0.002BTC以上)※0.001BTC単位
  3. USDTからUSDへ(500USDT~10,000USDT以下)※手数料6%+ガス代
    ※BTCからUSDへ両替時は手数料3%ですが、売買のスプレッド(為替レート)を加味すると『約3~5%』程度となっております。

例)$100を入れる場合
0.0031btc→約5%:0.000155BTC(約$5)=0.00325=$105
両替手数料が3%らしいので
$105*1.03=$108.5×110円=117.81

銀行手数料

  • 年会費:100ドル
  • カード再発行費用:20ドル
  • 新PINコード発行:20ドル
  • 出金手数料:3.0%
  • ATM手数料:各種ATMの設定による
  • 両替手数料:3.0%~

では、良いオンカジライフを~

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Evernote
Send to LINE